「ほうれい線」は表情筋の老化?!

誰もが気になるほうれい線。

20代前半でも気にすることが多いほうれい線。検索ワードで「ほうれい線」は意外と多いそうです。

このほうれい線も、年代や肌の老化の程度によって原因は異なります。その原因が肌表面に近いほど回復は早いといえます。年齢に伴って肌深部へとその原因が深くなっていくのも事実。一刻も早く対処したいところですね。

では、どのように対処したらよいのでしょうか。順にみていきましょう。

 

一晩寝て翌日には消えるもの  …すぐに解消できます!

⇒  たっぷりの睡眠と肌を乾燥させないよう保湿を意識すればOKです。 これは、目元の小じわも同じ。まだまだ表層に現れるシワ。本格的に肌に刻まれた老化によるシワではありません。

 

寝ても消えず、細く線が入ったもの …ケア次第で早い回復!

 ⇒  角質ケアをして、セラミド補給などしっかり保湿を。 表皮のケアが必要。古い不要な角質を取り除き、細胞間の密度を高め、肌をふっくらさせます。 プラセンタも肌の代謝促進に有効な成分です。

 

線よりも太く、影のある溝になったもの…日々のケアを見直して!

  ⇒  表皮・真皮のケアが必要。  コラーゲン・エラスチンといった肌深部でハリや弾力を保つ機能が衰えています。 これらの弾力繊維の間を埋める役割のヒアルロン酸の減少も考えられます。  一晩で消えることはありません。根気強くケアを続けましょう。

 

頬がかぶさった状態で影があるもの …アルジレリンを試して!

 ⇒  表皮・真皮・表情筋のケアが必要。 肌の老化に加え、さらに深部の表情筋の老化が考えられます。表情のクセにより、表情筋がかたくなっている場合はマッサージも重要。  「アルジレリン」は、表情ジワに効果的な安全性の確認された成分として有名です。