「顔が大きくなった」のはタルミのせい?

表情筋のタルミは、顔を大きく見せます

お肌のタルミだけではなく、表情筋がたるんでくると、重力に負けてフェイスラインが下垂。その結果、たるんでお顔が大きく見えるように。

お肌のハリや弾力だけではこの表情筋を支えるのは難しいですね。脂肪よりも重い筋肉です。むしろ、お肌を支える土台となっているのがこの表情筋です。

太ったわけでもないのに、昔に比べて顔が大きくなったと感じたら、これです。

表情筋の老化に対しては、数ヶ月単位のケアで臨みましょう。ここまで老化が進むと、フェイスラインもゆるんできています。

細胞は約3ヶ月で入れ替わると言われています。ですが、肌、筋肉、骨とかたいものほど入れ替わるのには時間がかかるようです。

筋細胞も生きている限り生まれ変わります。今すぐ、ケアを始めることで加齢を遅らせることはできるということですね。

まぶたがかぶさって一重に見える、目の下のたるみ、深いホウレイ線…これらも表情筋の老化が考えられます。

 

毎日の習慣で表情筋は鍛えられる?

表情筋の老化は、加齢によるものだけとも限りません。身体を動かさないと、筋肉はどんどん衰えていきますね。これは表情筋にも当てはまります。

私は、エステティシャンの頃、ある女性アナウンサーを担当していました。当時で40代、ですがフェイスラインがすっきりシャープ。そこで、聞いてみました。

すると…
やはり、ニュースを読む前は毎日、口がまわるように念入りに口を動かすとのこと。毎日の習慣が表情筋を鍛えていたんですね。

ついつい1度で効果を求めてしまいがちですが、習慣にできるものをみつけたいですね。

スキンケアでは、迷わず「アルジレリン」配合を選びたいところです。時間はかかりますが、結果はついてきます。