敏感・アトピー肌でも角質ケアして大丈夫?

答えはYES
アトピー肌でも角質ケアは必要です!!
 
というと、驚かれるでしょうか?
お肌がデリケートで薄い状態なのに、とってしまうの?
と、不安に思われるかもしれませんね。
 
乾燥肌・敏感肌でもあるアトピー肌であっても、
お肌の保湿力を高めるためには、角質ケアが重要なんです。
 
もちろん、乾燥肌も敏感肌も必要です。
キレイなお肌を保つために必須ともいえます。
 
 
では、最適な角質ケア方法と
なぜ必要なのかについて考えてみましょう。
 
まず、ここでいう角質とは
「老化角質」「不要な角質」のことを指しています。
 
角質層にある角質全てではなく、
不要なものだけ取り除きましょう、ということですね。
 
ここで不要な角質があるかどうかどうやってわかるの?
という疑問が起きますよね。
 
こんなお肌状態の時は不要な角質が溜まっていると思ってください。
■お肌がくすんで見える
 
■小じわっぽい
 
■ファンデーションのノリが悪い
 
■カサカサ乾燥が気になる
 
■保湿しているつもりなのに、乾燥している
 
こんなときは、すぐに適切な角質ケアをしてあげましょう。
お肌は分かりやすく変化してくれますよ。
 
 
では、適切な角質ケアについてご紹介しますね。
私がおススメするのは、グリコール酸などのソフトなピーリング剤です。
 
そして、あと2つだけポイントがあります。
1つ目は、ピーリングは時間で調整すること。
しっかり取り除きたい部分から塗布するとさらにいいですね。
 
2つ目は、いつもの3倍の保湿
セラミドなどの保湿成分がたっぷり入ったクリームなど、
3回は重ね付けしましょう。
 
これだけで、明日の朝のお肌はふっくら
 
 
角質層はお肌の表層でもありますから、
その変化も早くて分かりやすいんです。
 
反対に、お肌深部にいくほどケアしても効果が分かるのに
時間がかかります。
シミやたるみといったお肌深部のトラブルがそうですね。
 
角質ケアだけで、ちょっとした小じわなら翌朝解消!
なんてこともあり得るのです。
なんとなくお肌にハリが出た!
と感じることもあります。
 
これは、古い不要な角質を取り除いたことで、
保湿成分がしっかり角質層内に届き、細胞間が満たされたため。
 
細胞と細胞の間がスカスカなのと、満たされた状態の違いです。
 
実は
角質層の細胞間の半分くらいはセラミドという成分だといわれています。
スカスカ乾燥肌は、このセラミドが減った状態ともいえます。
セラミドは、加齢や紫外線などが原因で減少します。
肌表面の保湿にはセラミド補給がおススメな理由はここにあります。
 
セラミド補給でお肌ふっくら
まさに、お肌が潤った状態ですね。
 
 
適切な角質ケアだけで
■潤う
■透明感が出る
■小じわが消える
■毛穴が消える
■ファンデーションのノリがいい
と、うれしい変化がいっぱいです。
角質は取り除くだけでなく、いつもの3倍の保湿をお忘れなく!!
セットで行うことが何より大事です。
 
最後までお読みいただきありがとうございました。