MGT成分情報

MGTゲルクレンジングに含まれる特徴的な成分
成分表示・image 一般的な成分作用・特徴など

ニオイテンジクアオイ油
ゼラニウムの画像

【賦香】 ゼラニウム精油
 甘くて重く、少しミンティーなバラ様の香り。

皮膚炎、肌の引き締め、皮脂分泌のバランスをとる、乾燥肌、
脂性肌、皮膚の回復、肌の血色をよくする効果もある。精神的
には抑うつ、リフレッシュ、感情の安定、ストレスの減少。

ポリクオタニウム – 51

 

 
(原料名:リピジュア
ヒアルロン酸の2倍の保湿力があるといわれ、肌に塗布した場合
の水洗い後の水分保持能力がヒアルロン酸よりも高い。細胞膜を
構成するリン脂質を多数結合させてつくった高分子成分。
 カニナバラ果実エキス
image-rose-hip
 カニナバラの果実(ローズヒップ)から抽出されたエキス。
血行促進作用、抗菌作用、収れん作用、発汗作用がある。
有機酸を含むため、角質柔軟作用もある。
 ヒアルロン酸Na  
ニワトリのトサカなどから得られる動物由来の保湿成分。
肌にハリを与え、滑らかにする作用がある。
 グリコール酸
サトウキビの画像
 サトウキビ、未熟のブドウの実や葉などに含まれている
有機酸。角質柔軟作用角質除去作用がある。

 アロエベラ葉エキス
アロエベラの画像

 アロエベラの葉から得られた液汁からアロイン(苦味成分)
を除去して乾燥させたものより抽出したエキス。ヌルヌルの
多糖類を多く含み、保湿作用肌荒れ防止作用消炎作用
がある。
 アーチチョーク葉エキス
アーティチョークの画像
 菊科の多年草。今までの美白成分とは違い、遺伝子レベルで
美白効果が得られる。肌のくすみや色素沈着を予防・改善する
美白成分。毛穴の引き締め効果あり。
MGTエッセンスローションに含まれる特徴的な成分
チャ葉水
チャ葉の画像
白茶といわれる弱発酵させたお茶の葉から水で得られるエキスを
蒸留して得られる水溶液。

収れん作用保湿作用美白作用がある。

 ニオイテンジクアオイ油ゼラニウムの画像  【賦香】 ゼラニウム精油
 甘くて重く、少しミンティーなバラ様の香り。

皮膚炎、肌の引き締め、皮脂分泌のバランスをとる、乾燥肌、
脂性肌、皮膚の回復、肌の血色をよくする効果もある。精神的
には抑うつ、リフレッシュ、感情の安定、ストレスの減少。

 アボカド油
アボカドの画像
 ワニナシの果実から得られる淡緑色~暗緑色の油脂。
オレイン酸、リノール酸などの不飽和脂肪酸が多く、その他
パルチミン酸、ミリスチン酸、ステアリン酸、ビタミンA、B、
D、レシチンを含む。皮膚柔軟作用保護作用がある。
 アスコルビルリン酸Na  安定型ビタミンC誘導体のこと。
皮膚への吸収がよく、皮膚内でビタミンCに代謝され、
抗酸化作用コラーゲン生成促進作用皮脂分泌抑制作用
美白作用など様々な美肌効果がある。

 プラセンタエキス
(ウマ)

image-horse

 馬の胎盤から抽出した馬由来のプラセンタエキス。
他のプラセンタエキスに比べ、アミノ酸含有量、栄養素が高く、
必須アミノ酸も含む。保湿作用細胞賦活作用肌荒れ改善
作用
メラニン生成阻害作用がある。

*MGTエッセンスローションは、馬の中でもサラブレッド
由来のプラセンタエキスを使用。

 セレブロシド
image-horse
 馬スフィンゴ脂質(セラミド)。
皮膚のバリア機能改善や、水分保持能力の持続外的刺激
からの保護作用
、軽度のアトピー性皮膚炎の改善効果も認め
られている。
 加水分解ハトムギ種子
ハトムギ種子の画像
 ハトムギの種子を加水分解して得られるエキス。
ヨクイニンともいわれ、消炎作用細胞賦活作用保湿作用
肌荒れ防止作用がある。
 ダイズ種子エキス
ダイズ種子の画像
 大豆の種子から得られるエキス。
イソフラボンやタンパク質、糖類、サポニンなどを含む。
抗炎症作用保湿作用美白作用がある。
ユズ果実エキス
ユズ果実の画像
ユズの果実から得られるエキス。
グリコシルセラミドを含み、植物系セラミドの中では最もヒトの
セラミドに近いという特徴を持つ。

肌保護作用水分保持作用をもつ。

 MGTクリームデイアンドナイトに含まれる特徴的な成分
 シア脂
シア脂の画像
 シアの種子から得られる脂質成分。潤滑性、浸透性があり、

肌荒れ防止作用
皮膚保護作用がある。
 スクワラン  アイザメその他の主として深海にすむサメ類の肝油から得たオイル。
皮膚刺激はほとんどなく、エモリエント作用を有する。
 オリーブ油
オリーブノ画像
 オリーブの果実から得られる油脂。

エモリエント作用皮膚保護作用がある。

  アボカド油
アボカドの画像
  ワニナシの果実から得られる淡緑色~暗緑色の油脂。
オレイン酸、リノール酸などの不飽和脂肪酸が多く、その他
パルチミン酸、ミリスチン酸、ステアリン酸、ビタミンA、B、
D、レシチンを含む。皮膚柔軟作用保護作用がある。
 ブドウ種子油
ブドウの画像
 ブドウの種子から搾油したオイル。

酸化安定性に優れ、皮膚を健康な状態に保つ。エモリエント作用
有する。

 チャ葉水
チャ葉の画像
 白茶といわれる弱発酵させたお茶の葉から水で得られるエキスを
蒸留して得られる水溶液。

収れん作用保湿作用美白作用がある。

 トコフェロール  植物油に含まれる油溶性ビタミンEの誘導体。
強い抗酸化作用血行促進作用皮膚保護作用を有する。
 ニオイテンジクアオイ油ゼラニウムの画像   【賦香】 ゼラニウム精油
 甘くて重く、少しミンティーなバラ様の香り。

皮膚炎、肌の引き締め、皮脂分泌のバランスをとる、乾燥肌、
脂性肌、皮膚の回復、肌の血色をよくする効果もある。精神的
には抑うつ、リフレッシュ、感情の安定、ストレスの減少。

  アスコルビルリン酸Na  安定型ビタミンC誘導体のこと。
皮膚への吸収がよく、皮膚内でビタミンCに代謝され、
抗酸化作用コラーゲン生成促進作用皮脂分泌抑制作用
美白作用など様々な美肌効果がある。
加水分解ハトムギ種子
ハトムギ種子の画像
ハトムギの種子を加水分解して得られるエキス。
ヨクイニンともいわれ、消炎作用細胞賦活作用保湿作用
肌荒れ防止作用がある。

プラセンタエキス
(ウマ)

image-horse

 馬の胎盤から抽出した馬由来のプラセンタエキス。
他のプラセンタエキスに比べ、アミノ酸含有量、栄養素が高く、
必須アミノ酸も含む。保湿作用細胞賦活作用肌荒れ改善
作用
メラニン生成阻害作用がある。

*MGTエッセンスローションは、馬の中でもサラブレッド
由来のプラセンタエキスを使用。

セレブロシド

image-horse

 馬スフィンゴ脂質(セラミド)。
皮膚のバリア機能改善や、水分保持能力の持続外的刺激
からの保護作用
、軽度のアトピー性皮膚炎の改善効果も認め
られている。

ダイズ種子エキス
ダイズ種子の画像

大豆の種子から得られるエキス。
イソフラボンやタンパク質、糖類、サポニンなどを含む。
抗炎症作用保湿作用美白作用がある。

ザクロ果皮エキス
ザクロの画像

ザクロから得られるエキス。
ザクロにはエラグ酸、酒石酸、クエン酸、カリウム、ミネラル、
ビタミンCやB1が豊富に含まれている。

抗酸化作用女性ホルモン様作用コラーゲン分解酵素抑制作用
美白作用抗菌作用を有する

ビルベリー葉エキス
ビルベリーの画像

ビルベリーの葉から得られるエキス。

GABAといわれるアミノ酸を作る酵素の働きを活性化する作用が
あり、天然由来のハリ弾力を与える抗老化成分

ユズ果実エキス
ユズ果実の画像

ユズの果実から得られるエキス。
グリコシルセラミドを含み、植物系セラミドの中では最もヒトの
セラミドに近いという特徴を持つ。

肌保護作用水分保持作用をもつ。

アセチルヘキサ
ペプチド – 8

植物由来の合成アミノペプチドで、塗るボトックスといわれている。
表情ジワの原因となる物質の分泌を抑え、神経細胞の活動をやわら
げ、表情筋による皮膚のストレスに有効。(シワ改善作用
*アルジレリン