セラミドはどれも同じ?

セラミドには種類がある

乾燥肌・敏感肌、そして年齢肌にとって不可欠のセラミドですが、セラミドにはいくつか種類があります。BSE(狂牛病)の問題以降、安全性を求める声から現在は牛脳由来のセラミドは流通していません。

現在、動物由来のセラミドのほとんどはセレブロシド(ウマスフィンゴ脂質)です。馬の脊髄から抽出されたセラミドのことです。動物由来のセラミドは、ほかのセラミドに比べて肌になじみやすく、肌の中でもその機能を働かせてくれるだろうと考えられています。

デメリットはただ一つ…高価なこと

動物由来のセラミドの一番のデメリットは、高価なこと。当然、多く配合されればそれだけ値段は高くなります。逆に、動物由来のセラミド配合なのに安い製品があれば、おそらく配合量は少ないだろうと予想されるわけです。

例えば、セレブロシド100%原液といわれるもので、30mlで1万円というのは珍しくもありません。この100%というのも、30ml全てがセラミドというわけでもなく、水溶液に溶かした状態。それでもこの価格です。

どの位配合されているかは、メーカーも公表することはまずありません。その他の成分との配合比も企業秘密という理由もあるでしょう。化粧品としては、配合成分のバランスが命ですから高濃度だから効果が高いとも言い切れません。

「原液」美容液は超難関

個人的な意見としては、原液はあまりお勧めしません。私自身、原液美容液を長く使ってきましたが、単体で使う効果に疑問が残ります。

また、今自分の肌に何と何が不足してそれらがどう関係しあっているのか、見極めるのはまず無理でしょう。

肌の中で起こることは化学変化です。補完しあい相乗効果を増す成分の組み合わせもあれば、その逆もあるわけですね。それを気分やイメージで、今日はヒアルロン酸とセラミド、明日はプラセンタとビタミンCといった使い方は好ましくありません。

趣味ならいいのですが、美しさのためのスキンケアなら、目的と配合比が計算された化粧品を選ぶべきでしょう。

間違いなく言えることは、良質なセラミドであるセレブロシドは、肌の保湿力をアップすることで肌のバリア機能を高める、ということです。これは、超乾燥肌、敏感肌、アトピー性皮膚炎の方の肌の改善例を見れば明らかです。

 

エイジングケア成分”セラミド”

また、角質層の細胞間脂質の半分を占めるセラミドは、加齢によっても減少します。このセラミドを補うことで、肌のふっくら感をより早く実感できるエイジングケア成分でもあります。

MGTでは、化粧水とクリームにこのセレブロシドを配合しています。乾燥肌・敏感肌・年齢肌にとって必須の成分であるからです。そして、その他の成分との総合力でケアする考えです。

MGTに配合しているもう一つのセラミドである「ユズセラミド」。この植物性のセラミドについては、またの機会に書きたいと思います。